« ストライプの制服 | トップページ | ステーキサンドの葛藤 »

2009年1月15日 (木)

取引が終わった後のことを話すよ。

物々交換が成立した後、ショーンは僕とアランに食事をごちそうしてくれた。

 

実はショーン自身、今まで何度もの取引を経験してきたビガー&ベターのベテランだったんだ。

 

すごく感激したことなんだけど、ショーンは「家を手にするまであきらめずに頑張れ」と僕を励ましてくれたよ!

 

彼はその日の二週間後にワシントンD.Cに引っ越す予定だった。

 

コンロを手放すことにしたのもそれが理由だったんじゃないかな。

 

その時ふと、ショーンの息子、シェイマスがアマーストの友達と離れ離れになるので寂しいだろうな、と思ったんだ。

 

僕がそんなことを考えているのを察知したのかショーンが話し始めた。

 

「あいつはこれからサンフランシスコに住んでいる母親と暮らすことになっているんだ。」

 

ショーンは友達とも父親とも離れ離れになってしまうわけだ。

 

僕の両親は仲がいいし、僕も両親と仲がいいから、親子が離れ離れになってしまうつらさは想像もできないよ…

 

残りわずかな親子の時間を邪魔してしまっていることがなんだか僕は申し訳なくなってしまったんだ。

→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

|

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530338/43748276

この記事へのトラックバック一覧です: 取引が終わった後のことを話すよ。:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)