« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月25日 (水)

昨日は最高の一日だったよ!みんなありがとう!

昨夜は日本のみんなが僕の歓迎会を開いてくれたんだ。

東京は素敵なところだし、日本のみんなは親切だった!

とても素晴らしい時間をすごせたよ。

 

昨日は僕の本を読んでくれた人や、日本でブログをやっている人がたくさん駆けつけてくれたんだ。

 

僕がどんな経過を辿って家を手にしたかをみんなの前で再度話したんだけど、みんなと僕の物々交換の旅を共有できたし、みんな僕にたくさん質問をしてくれてね、関心を持ってもらえていることがとてもうれしかった。

 

僕のプレゼンテーションをみんなが楽しんでくれていたことを願っている。

昨日の会をセッティングしてくれた方々全員に感謝します(人がきてくれなくてガラガラだったら、それはとても退屈だったに違いないからね)

 

とにかく、みんなありがとう!

I thought the event went great, and it was very fun to meet Japanese
bloggers.  I do quite a bit of work over the internet, and it is rare that I
actually get to meet people....especially in Japan!  Usually it is only via
email!  It was so nice being able to share my story live with everyone and
answer everyone's questions.  I hope eveyone enjoyed the presentation.
Thanks to everyone who made it out. (It's really boring to tell a story to
an empty room!)  Blogging is real fun, but real life meeting is great too!

Kyle_7

→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年2月23日 (月)

ガソリンが付着した僕の発電機は異臭を放っていたらしい!

※下記の告知は2月24日まで毎回ページ上部に表示されます。

ブログ本文は下部に記述してありますので、どうぞお楽しみください。

★☆赤いクリップの男・カイルさんのWelcome Party開催のお知らせ☆★

赤いクリップを物々交換して、家を手に入れた男、カイル・マクドナルドさん来日に伴って、ささやかですが、Welcome Partyを行います。

 

このイベントに15名様限定でご招待。カイルさん本人とのトークはもちろん、物々交換会も企画中です!

 

日時  2月24日(火)19時~21時

場所  都内某所(ご当選の方にのみお伝えいたします)

 参加ご希望の方はメールに

 お名前

 連絡可能なメールアドレス

 お電話番号

 ご職業

 ブログをお持ちの場合は、ブログのURL

を明記の上、welcome-party.kyle.sinkan.jp@otobank.co.jp

までご連絡ください!

 

カイルさんと話してみたい、カイルさんと物々交換したい、そんな方々のご応募をお待ちしております!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

消防に通報されて大変なことになっていた、僕が展示会の仕事をしている間にだ!

 

それで発電機はどこにいったかというと、どこかに没収されてしまったようなんだ!

 

しかし没収するときに持ち主の僕に何か連絡があってもいいじゃないか!

 

それに関してフロントのトニーをチクリとやっても、その日は担当じゃなかったの一点張りさ!

 

僕とトニーとドミニクは手分けをして周辺の消防署や警察署に電話を掛けまくった!

 

CBCのクレアが僕を探して電話を掛けまくったように。

 

しかし場所はNYのマンハッタンだ。消防署も警察もやたらたくさんある。

 

結局だれも発電機のことを知っている人はいなかったんだ!

→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

話を先に進めよう!展示会を終えたらBigger&Betterの時間だ!

※下記の告知は2月24日まで毎回ページ上部に表示されます。

ブログ本文は下部に記述してありますので、どうぞお楽しみください。


★☆赤いクリップの男・カイルさんのWelcome Party開催のお知らせ☆★

赤いクリップを物々交換して、家を手に入れた男、カイル・マクドナルドさん来日に伴って、ささやかですが、Welcome Partyを行います。


このイベントに15名様限定でご招待。カイルさん本人とのトークはもちろん、物々交換会も企画中です!


日時  2月24日(火)19時~21時

場所  都内某所(ご当選の方にのみお伝えいたします)

 参加ご希望の方はメールに

 お名前

 連絡可能なメールアドレス

 お電話番号

 ご職業

 ブログをお持ちの場合は、ブログのURL

を明記の上、welcome-party.kyle.sinkan.jp@otobank.co.jp

までご連絡ください!


カイルさんと話してみたい、カイルさんと物々交換したい、そんな方々のご応募をお待ちしております!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


展示会を終えた後の話をするよ!

発電機はホテルのクロークに預けておいたことは前に書いたと思う。

 

取引をするためにマーシンのところに行く前にホテルのフロントで発電機を受け取ることにした。

 

彼との待ち合わせは夜9時だ。

 

ホテルのフロントに言って預けておいた荷物を受け取りたいという旨をスタッフに伝えると、彼(トニーっていうんだけど)は荷物が見当たらないというんだ!

僕はトニーに荷物の特徴を伝えた。

発電機は段ボールにいれて黒いごみ袋に覆われている。

 

中身を聞かれたから発電機だと答えた。

 

そうしたらトニーは僕が不安になるような言葉を口にしたんだ。

「ああ、あれはお客様の荷物だったんですか…」って。

 

僕は不安に駆られて、荷物がどこにあるのか再度尋ねた。

トニーはようやく口を開いた。

事態は信じがたいことになっていた。


→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2009年2月18日 (水)

★☆赤いクリップの男・カイルさんのWelcome Party開催のお知らせ☆★

※下記の告知は2月24日まで毎回ページ上部に表示されます。

ブログ本文は下部に記述してありますので、どうぞお楽しみください。


★☆赤いクリップの男・カイルさんのWelcome Party開催のお知らせ☆★

赤いクリップを物々交換して、家を手に入れた男、カイル・マクドナルドさん来日に伴って、ささやかですが、Welcome Partyを行います。

このイベントに15名様限定でご招待。カイルさん本人とのトークはもちろん、物々交換会も企画中です!

 

日時  2月24日(火)19時~21時

場所  都内某所(ご当選の方にのみお伝えいたします)

 

参加ご希望の方はメールに

 お名前

 連絡可能なメールアドレス

 お電話番号

 ご職業

 ブログをお持ちの場合は、ブログのURL

を明記の上、welcome-party.kyle.sinkan.jp@otobank.co.jp

までご連絡ください!

カイルさんと話してみたい、カイルさんと物々交換したい、そんな方々のご応募をお待ちしております!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日は物々交換の話じゃなくて、今の僕の話だよ!

僕は故郷のカナダが好きだけど日本もかなりいかしてると思うよ!

前にも告知をしたような気がするけど、12日(13日だっけ?)に日本に来てから数日が経ったけど思ったよりも日本はずっと寒い。

 

今は友人たちとスキーを楽しんでいて、この週末には東京に行くんだよ!

東京にいけば少し暖かいだろうか?

 

なんだか物々交換について何かしらのアイデアを考えているのが、いつの間にか習慣になってしまっていたけど、日本に来てからの数日に限ってはすっかりそんなことは忘れてしまっていた。

それほど素晴らしいところだよ、日本は。

 

こっちに来てからテレビでWorld Baseball Classic のニュースを見たよ。

カナダはオリンピックで日本に負けたから、ぜひとも本選に勝ち進んで日本を倒してほしいと願うばかりだ。

 

日本にイチローがいるように、カナダにもいい選手がたくさんいるよ!



→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月16日 (月)

僕のWebサイトがニューヨークタイムズ紙に取り上げられた!

クレアとコネクションができてから数日後、僕はドミニクと一緒にニューヨークまで展示会の仕事をしに行った。赤いカローラのトランクには赤い発電機だ!

ぴったりじゃないか。

 

途中のガソリンスタンドで給油したときに、発電機にもガソリンを入れてやった。

ドミニクは油臭いと言ったけど、かまいやしない。

 

そのままマンハッタンに直行して、両親やエヴィアンと合流した。

 

梱包したまま、発電機はホテルのクロークに預けたよ。

そして展示会の仕事へ。

 

僕は浮足立っていたんだけども、それは僕の物々交換がみんなに知られつつある、というだけでなく、ニューヨーク近郊に住んでいる人から新たな物々交換の申し出があったからなんだ。

 

展示会は三日間、最後の日に物々交換を申し出てくれたマーシンと会う予定だった。

 

いよいよ運が向いてきた!と僕は思っていたよ!

→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2009年2月13日 (金)

結局その日は電話が鳴りっぱなしだったんだ!

10分と電話がなっていない時間がないくらいだった。

 

新聞記者、ラジオDJ、エージェント、出版社、などなどなど…。

ドミニクは仕事に行って留守だったから、僕は一人でその応対をしたんだ。

 

トイレに行く暇もないからドミニクに言って帰りにおしめを買ってきてもらおうかと思ったくらいだったよ!

 

物々交換のもうしでももちろんあったけど、残念ながらモントリオール近辺からではなかった。

 

そしてそのうちにクレアからまた連絡がきて、緊急のニュースが入って今回の出演はなくなったけども、近いうちに僕を出演させてくれることになった、と言っていた。

 

それはありきたりな、「機会があればまた…」といったものでなく、より具体性をもった、明確な答えだった。

 

お陰で僕は希望の感情を絶やすことはなかったよ!

→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月12日 (木)

クレアは確かにケベック中のカイル・マクドナルドに電話をかけていた!

その数を聞くと、ケベックにカイル・マクドナルドさんはかなりたくさんいるらしい。

 

とても気になったから、みんな元気でしたか?とクレアに訊ねたよ!

 

クレアの話によるとどのカイル・マクドナルドさんも元気にやっているみたいだったから安心した。

 

クレアは僕が物々交換をしていることをどのように知ったんだろう?

 

ふと疑問に思ったから聞いてみることにした。

 

Boing Boing』という有名なブログサイトがあるんだけど、そのサイトで僕のことを取り上げてくれていたらしい!

 

これがどういうことか、わかりにくいかもしれないね。

 

僕のブログが『Boing Boing に取り上げられたってことは、ほぼ間違いなく、僕のブログも有名になるってことなんだ。

 

僕はブログを確かめた。

とんでもないことが起きていた!

毎日30人くらいしか訪問者がいなかった僕のブログに、その日だけで30000人も訪問者がきていたんだ!

→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月10日 (火)

CBCの人はつんつんした声で電話をかけてきた。

電話の声の話だけど、妙につんつんした女の人の声だった。

 

すました感じだったよ。

その女性の声はカナダの国営放送であるCBCのアソシエイト・プロデューサーを名乗った。

 

クレアと名乗ったその女性は僕のWebページを見てくれていたらしい。

とっても面白いといって、番組の出演依頼を持ちかけてきたんだ!

こんなことって信じられるかい?

 

僕は誰かに騙されているんじゃないかと、その時点においてもまだ疑っていたんだけど、どうやら本当らしい。

 

しかし、僕は衝撃的なことをクレアから知らされた。

Webページにアップしていた僕のメールアドレスが機能していなかったんだ!

クレアはあろうことかケベック(モントリオールを擁する州)中のカイル・マクドナルドさんにしらみつぶしに電話をかけ、僕に行きついたらしいんだ!

 

そこまでしてもらったらさすがに番組に出演しないといけないよね?

 

僕は即座に出演する意思を伝えたんだ!

→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月 9日 (月)

電話によって目覚めた、電話は何かを運んできたらしい。

何時間くらい眠っただろうか。

 

本当に長い間眠っていた気がした。

僕はあまり夢を見ないたちなんだけど、その時は何らかの夢を見て眠っていたよ。

 

電話が鳴る音が僕を起こしたんだけど、その音は夢の中にも入ってきてね、僕は手探りの夢の中で受話器を求めているうちに現実の電話の音に気づいたわけだ。

 

僕は受話器をとったよ、当然のことながら。

どうせ両親のどちらかか、友達からだと思って、寝起きの低くがらついた声を直そうともしなかった。

 

しかし、声は僕が予想したのとは全く違う名前を名乗ったんだ!

 

CBC」ってわかるかい?

 

日本の人には馴染みのない名前かもしれないけど、カナダの国営放送の名前だ。

日本だとNHKだよね。

 

受話器の声は確かに「CBC」と言ったよ。

 

そのCBCは僕に何の用だったんだろうか?

→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年2月 8日 (日)

徹夜をしてWebページを作り変えて、朝になってみたら妙にすっきりした気分だった

もちろん一睡もせず作業をしていたんだから、眠かったけど、それよりも充実感の方が大きかったよ!

しばらく窓から外を眺めて余韻にひたった。

いままでこんなにひとつのことに集中したことはなかったから、頭の中はすっかり熱くなっていて、それを覚まそうと思ったんだ。

さすがに目を開けているのがつらくなってきたから、僕は寝床に向かった。

ぐっすり眠ったよ!

今までにこんなに深い眠りを眠ったことはあっただろうか。

僕はそのときかなり長い時間を眠ったんだけど、そのときにも幸運は近づいてきていたんだよ!

→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

ドミニクは寝てしまった!

ドミニクに今後を相談した日のことだよ!

 

彼女が寝てしまってから、僕はこれからどうするべきか考えた。もう夜も更けていたけど、日付が変わる前に決断を下さないといけない気がしていた。

 

このまま眠って翌日考えたのでは、強固な解決策は一切思い浮かばないと思ったんだよ。

 

僕は自分のWebページを見てみた。

 

これまでは自分のページに関する自己評価はBランクかCランク、つまりよくもなければ悪くもない、「それなり」って感じだったんだけど、改めてよく見てみると改善すべき点が山のように存在する、とても見づらいページだということに気づいたんだ。

 

僕はすぐにその改善に着手した。

 

僕はこういうことに関してはど素人だ。

でも調べながら必死になってやった。

体力の限界がくるまでやった。

 

気がついたら朝になってたよ!

僕は夜の間出そうとしていた結論を先延ばしにしてしまっていた自分を、自室のパソコンの前に見出した。

 

しかし、自分の行動を考えてみよう。

夜なべをして物々交換相手を募るWebページをいじる!

 

立派な結論だと思わないか?

 

それに、夜を徹して僕の頭にあったのは、早く次の交換を成立させたい、というただ一つの願いに尽きたんだから!

→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

行き詰まったまま光が見えない状態がやってきた。

物々交換が行き詰まってしまったのと、展示会がらみの仕事が忙しくなってきて、ある程度重要なところを任せられるようになってきてしまったことで僕は大きな決断を迫られているように感じた。

 

具体的にはこのまま物々交換を続けていくのか、ということ。

 

僕はそれまで、展示会の仕事や、広告契約の仕事をしたことがあったんだけど、どちらも常勤というわけじゃない。不定期に友人から舞い込んでくるという性質のものだ。

 

だから仕事が立て続けに舞い込んでくるという事実を、神様が僕に「まとも」な人生を送る最後のチャンスを与えてくれたように感じたんだよ!

 

どうしていいかわからなかった。ドミニクにも相談したんだ。

ドミニクはどんな時でも僕に的確なアドバイスをくれる。

 

僕は物々交換を続けるか、一切をやめて仕事に打ち込むか、究極の選択を迫られていたわけだ。ドミニクにでも親にでもなく、自分自身にね!

→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

ビデオレターは見てくれたかな?

自分の姿をたくさんの人に見られるのは慣れないものだね!

 

少し中断してしまったけど、話を先に進めよう!

 

トロントには何人か物々交換を申し出てくれた人がいた。

 

まずは自動販売機と交換したいと言ってくれたケヴィン。それとランニングマシンとの交換を申し出てくれたニック。

 

僕はトロントに仕事を兼ねて発電機を取りに行った時に彼らと交渉をした。

 

しかし、どちらも状態にかなり問題がある代物だったから僕としても交換できなかったんだ。

 

展示会の仕事自体はすごくうまく行ったから満足だったんだけど、それにしても物々交換を成立させられなかったのがなんとも悔やまれた。

 

モントリオールに戻った後もちょこちょこ交換のオファーがくるものの、ものすごく遠くに住んでいる人ばかりだった。SFだとか!

 

モントリオールはそんなに大きな都市じゃないからBigger&Betterに興味を持ってくれる人もあまりいないのかと思った。

 

僕はまたしても行き詰ってしまったんだ。

それも、本来望んでいなかった仕事の方では成果があがるという実に悩ましい状態で!

→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

トロントへ行った話をしたかったんだけど、ビデオレターがYouTubeにアップされたみたいだからそれについて話させて!

翻訳家であり友人である日本人のFriendからビデオレターが届いたっていうメールが届いたんだ!

 

ちょっと予定より遅れてしまったけど、YouTubeで見れるみたいだから、チェックしてみてね!

 

で本を出版できて、こうしてブログやビデオレターを送ることができるなんて、

とてもHappy な気分。

 

ビデオレターは友人が訳してくれて、このブログに載せてくれるんだって!

 

今日か明日のブログにアップされるだろうから楽しみにしてて欲しいな!

 
 
コンニチワ!
僕が知ってる日本語はこれと、「ドウモアリガトウ、ミスターロバート」だけなんだ。
だから日本語はここまでにして、これからは英語で話すよ!
たぶんこの辺かこの辺、もしくは左右とかに縦に(なんだか面白いね!)日本
語の字幕が出てるかなと思うんだけど、どうだろうか?
僕の名前はカイル・マクドナルド。赤いクリップで家を手に入れた男です。こ
のウェブにもそう書いてあると思うけど。
えーっと、みなさん、明けましておめでとう!
2009年! なんか信じられないよ!
あと、中国語だと「丑の年」って言うんだってね。すごく興味深い。
ところで、2009年といえば、僕の本、"One Red Paperclip"が日本で出版され
る年だよ!
たぶんもう今、書店に並んでるんだと思うんだけど、中身は日本語で……もちろん
ぼくは日本語が書けないし読めもしないんだけど、誰かが僕の本を日本語に
翻訳してくれたわけで……これもまたすんごくワクワクすることだけど……それに加
えて……見て! こんなすばらしいカバがついてるんだ!
ほら、見て見てこれ、とってもすばらしいデザインだよね?
中には、赤いクリップからスタートして、いろんな人と物々交換をして、サスカチュワン州キプリングの家を手に入れるまでの全ストーリーが、こんな感じで、書いてあるよ!
さらに、ふたつ、いいニュースがあるんだ!
ひとつめは、ぼくがこの家の物々交換をするってこと。
まだ誰と取引するかはわからない。
もし、これを見てる人のなかに物々交換したいって人がいたら、
oneredpaperclip.comを見てほしいな!詳しいことがわかるようになってるからさ!
そして2つ目は…
今月21日、東京に行きます! 25日まで滞在して、本の宣伝とかいろいろする予
定なんだ。その間にぜひ、この本、『赤いクリップで家を手に入れた男』と何かを
物々交換しようと思ってるよ!
おそらくは、今、このビデオを見てくれてる「あなた」と!
もし、この本の特別バージョンとなにかを交換したいっていう人がいたら、僕にメールしてね。連絡を取り合おう。
できればこのウェブサイトのこの辺とかこの辺に、この辺かもしれない……まあ、とにか
く、リンクをアップしたいな。
さて……うん、ぜひ物々交換しましょう!! 物々交換したい人はぜひ連絡くださ
い。本のスペシャルバージョンとの取引でも、サスカチュワン州キプリングの家
でも!!
最後に、もう一度。
明けましておめでとう!
「僕は日本で人気者!」っていう
このTシャツを着ていかなきゃね。
本当にそうなるかもしれないし。
じゃあ、また!                 カイル

→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

トロントに行くまで

トロントに行くまでの一ヶ月間、次の交換の相手を探すつもりだった。

 

万が一家の近くで交換相手を見つけられなくてもトロントの方から何件かオファーがあったから、そんなにせっぱつまっているわけじゃなかったよ。

 

お互い少し忙しくてしばらくドミニクとも一緒にいられなかったから、久しぶりに二人で食事に出たりしたんだ。

 

もちろんエヴィアンに非礼を詫びることも忘れなかったよ。

 

彼は友達だけど、仕事の時は上司になるわけだから!

 

物々交換で忙しかったせいか、その一ヶ月間はずいぶん時間の流れが遅いと感じたよ。

 

なんだか、本当に待ち遠しかったんだ。

→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

僕はまったく唐突にエヴィアンに電話をしたんだけど、エヴィアンは全てわかっているようだった。

「今すぐ空港に戻って発電機をピックアップしてほしい」

 

という僕の無茶な願いを、エヴィアンは予期していたかのように「すぐ出発する」

と言って承諾してくれた!

 

仮にエヴィアンが連絡のつかない場所にいたら本当にアウトだったよ!

実は次の展示会の仕事の話が来ていて、僕とエヴィアンはその会場となるトロントで一か月後に会う予定だったんだ。

 

僕はその時に車でトロントまで行き(5時間くらいかかるんだけど)発電機を受け取るつもりだった。

 

一か月あれば次の交換相手も見つかる気がしていたし。

 

エヴィアンが到着するまでにそう時間はかからなかった。

僕は発電機を手渡した、そしてようやく搭乗することができたんだ!

→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »