« マーシンのパーティーセット | トップページ | パトリックのインタビュー »

2009年3月 9日 (月)

パトリック・ラガセという記者

マーシンとの取引からしばらくして(数日のことだけど)ザ・ミラーというフリーペーパーに僕のことが取り上げられていた!

 

その効果は思いのほか大きかったよ。すぐにとある新聞社から連絡がきた。取材させてくれって。なんだか話がどんどん大きくなってきて、そのうち僕の手に負えなくなるんじゃないかって思ったよ。

 

ジュルナル・ド・モンレアル(ケベックで最大の新聞だ!)の記者・パトリック・ラガセはドミニクによるとかなり有名な新聞記者らしい。彼女の話を聞いているうちに、僕も彼の顔と名前が一致した。

 

パトリック・ラガセは実に勇気のある記者であるし、嗅覚のすぐれたレポーターだ。

僕はすごく彼に会うのが楽しみになってきた。

 

電話で話した時も、今から行きます、と言っていた。

ということは、彼はその時すでに僕の家に向かっていたんだ。

 

そして玄関のチャイムが鳴った。

→カイル・マクドナルド氏と一緒にココログ(無料)スタート!

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530338/44290267

この記事へのトラックバック一覧です: パトリック・ラガセという記者:

» 死亡的遊戯 GAME OF DEATH [SWANの 「Trust me!」]
 だいぶ前の話なんだけど李小龍の『GAME OF DEATH』を観に行った時のこと。  上映した劇場はいわゆる〝アート系シアター〟っていうか、 [続きを読む]

受信: 2009年3月12日 (木) 21時04分

コメント

本買いました。人って温かいんだなぁとすごく感動しました。本当現代版「わらし長者」ですよね♪

投稿: システムトレード | 2009年3月 9日 (月) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)